「これで人生の進路が決まるわけですから、緊張しますよ」とタクヤ君。

茨城県立産業技術短期大学を受験してから発表の前日までそう言っていたので、

「合格しました!」のメールが届いて本当に嬉しく思いました。

その日の夕方お母さんと一緒に挨拶に来てくれました。

「約5年前の入塾当時はマイナスの言葉ばかりを使っていたタクヤ君だったが、

プラスの言葉やプラスの行動を自分からするようになって人間的に成長できたことが、

合格と同じくらい嬉しいことです」と言いました。

するとお母さんからも

「塾に入ってから行動も変わりました。

玄関の靴が綺麗に揃えてあったので、初めは誰がやってくれたのかわからなかったけど、

タクヤが毎回揃えてくれるようになって感謝しています。」

合格はこのようなことからも結びついてくることを再確認しました。